NAXT夢記録

2010年から書いている夢記録のデータ化のついでブログ

2010/03/12 夢

1.

なんかすごい建物の地下でたくさんの荷物をもっていた。自分のロッカーに入らないので知らない人に借りてロッカーを閉めようとしたら別のスキンヘッドの若い人が何かの鍵を入れてった。なんだろうなと思いつつ自分は針金で鍵を閉めた。しばらくしてロッカー貸してくれた人と知らない女の人が話していて、その女性は何かを探しているらしい。自分のロッカーを開けたらそれが入っていたのであげた。閉めるときにまたスキンヘッドの人が鍵を入れてった。その女性とエレベータに入ったが動かなかったので何故か持ってたスキンヘッドの人が入れてった鍵を使ったら動いた。最上階につくと、エレベーターを出て左右に扉があって自分は左側に入った(この時点で一人になってた)。その奥にもう一つ扉があって必死に扉があかないようにしている人がいた。一瞬そのすきまからターミネーターみたいななんかやばそうな奴が見えた。これはまずいと思い、戻ろうとしたがすでに回り込まれていてとっさに閉めると扉閉めてた人が「こっちだ!!」というのでついていく。その人が閉めていた扉を開けてエレベーターの入り口の裏側へ行ったが振り返るとすぐそこに奴がいる。突き当り右にある扉に入ったがさらに奥にある一つしかない扉があかない。奴が入ってくる...

 

2.

丘が連なる綺麗な場所へ。そこには大きい城や変な建物があった。歩き回っていたが、何があったのか覚えていない。